【2023年版】おすすめの中古iPhoneを用途別に紹介!購入の注意点、どこで買えば良いのかを徹底解説

iphone
ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

ぷらんちゃです。ガジェット・ブログの情報などを中心につぶやいています

Twitter:@gajet_meteor

2022年はアップル製品の値上げが続く中、最新のiPhone14は最小構成で約12万からと、パソコンを買うのと変わらない衝撃価格….。手が出しにくいのが実情ですね。

ちなみにiPhonePro14の1TBモデルに関しては24万です(白目)

そんなiPhone高額化の中で盛り上がってるのがiPhone中古市場です。

自分の用途をしっかり把握していれば普段使いは中古iPhoneで問題ない人がほとんどだと思います。

そんな中古iPhoneですが、「どれが自分に合っているか」「買う前に何を注意すればいいのか」「どこで買うのが正解なのか」を紹介していきます。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

長文になりますので読み返せるようにブックマークをおすすめします

目次

中古iPhoneを買う前提として必須の条件2つ

  • iOSの最新アップデートに対応している事
  • Felica(おサイフケータイ)に対応している事

iOS最新アップデート対応は必須。さらに更新されるかも重要

まず機種を選ぶ前にセキュリティの面からiOSが最新に対応しているiPhoneを買う事を強くおすすめします。これ大事です。

iOSがすでに更新されていないiPhoneはハッキングやバグなどのリスクに少なからず晒されますからね。iOSの最新対応は個人的には必須です。

個人情報や決済システムが集中しているiPhoneだからこそセキュリティは最新にして使いたいところです。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

iOSっていうのはiPhoneを動かしているシステムのことです。
これが最新に対応している機種を買いましょうということです。

Felica機能は必須

個人的にiOS最新対応の次に大事なのはFelicaへの対応、これはほとんどのiPhoneで導入済みです(iPhone7以降は全て対応)

単純にSuicaのような公共交通機関のタッチ決済以外にも、今はタッチ決済の方が現金よりお得な事もたくさんありますので。今後もタッチ決済の機会は増え続けます。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

PayPayなどのQR決済よりFelicaのSuicaやIDの方が断然早いし便利です。

iPhone8以前の機種は対象外とする。iPhone8もかなり微妙…

iPhone8

購入を検討するなら執筆時点ではiPhone8まででギリといった感じです。ただiPhone8も次期アップデートでiOSサポートから外れる可能性が大いにあります。

その上でどのiPhoneを選べば良いのか、用途別に機種を紹介していきますので中古iPhoneの機種選びの参考にしてもらえれば幸いです。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

2023年1月現在、最新iOS対応はiPhone8までです。
それ以前の機種は購入をおすすめしません。

価格を重視して選ぶならiPhoneSE 第2世代

iPhoneSE 第2世代
iPhone SE第2世代
発売日2020年4月24日
SoCA13
メモリ3GB
画面サイズ4.7インチ
生体認証指紋
防水防塵対応
おサイフ
ケータイ
対応
5G 対応非対応
発売時
価格
64GB:49,280円
128GB:54,780円
256GB:66,880円

中古でのiPhoneSE第2世代を選ぶメリットは?

  • 比較的新しく高性能なA13Bionicチップを搭載
  • 2020年発売のため数年はiOSアップデートの恩恵が受けれると思われる
  • 元々の販売価格が安く、中古でも在庫が厚く価格が安い
  • デュアルシム、eSIMに対応

SoCはA13Bionicで必要十分

SoCはiPhone11と同等のA13bionic搭載で、2023年現在もまだまだ問題なく使えるチップです。

チップの総合性能を測るAntutuベンチマークでは50万以上のスコアを出し、2023年現在のミドルスペックのAndroid機種(一部)よりも高い数値を出してます。

普段使いによるSNSやweb閲覧、動画視聴などは本当に問題なくこなせるはずです。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

A13は2021年のiPad9世代にも使われてて、Appleもまだまだ現役と考えていると思います。

iOSの最新アップデートに今後数年は対応すると思われる

最新iOSへの対応年数に決まりはないですが、これまでの傾向からは発売から5〜7年くらいだと思われます。

以上を踏まえるとiPhoneSE第2世代は2020年発売なので2025〜2027年くらいまではiOSのアップデートに対応するのではないかと考えます。

今年、来年にアップデートから外れる事はなさなそうなので比較的安心して使う事ができます。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

iOSの対応年数は完全に僕の予想なので参考までに

eSIMに対応してるので複数回線を1台で利用できる

iPhone SE2は物理SIMカード1枚とeSIMの2回線に対応しています。

これができると仕事用の電話番号とプライベートを分けたり、ドコモ回線とau回線2つを使えたりと何かと便利なんですよね。

僕はメイン回線は楽天モバイルでサブ回線はリンクスメイトのドコモ回線を使ってます。
楽天はふとした時に電波が悪かったりするので。

複数契約ができるeSIMは個人的には必須の機能です。

元々販売価格の安いSEなので中古だとさらに安い

元々安く価格設定されているSEシリーズなので中古だとさらに安く買えます。
さらにさほど前の機種じゃない事もあってiPhone中古市場では人気の機種ですね。

相場ですが、中古スマホの老舗専門店イオシスだと状態にもよりますが2.3万〜3万円程度で販売されています。これくらいの価格だと手にしやすいですよね。

「iPhoneが壊れたから買うまでの繋ぎ」「iPhoneが欲しいけど予算がない」「サブ機として」など、とりあえずちゃんと使えるiPhoneを安く買いたい人におすすめの機種です。

イオシスの在庫を見てみる

中古で買うiPhoneSE第2世代のデメリットは?

  • 4.7インチの液晶は小さく見にくい可能性がある
  • フェイスIDに非対応
  • デザインが一昔前という感じは否めない

4.7インチはシンプルに画面が小さい

写真はiPhone8 iPhoneSE2と同じ画面サイズ

これまで6インチクラスのスマホを使っていた人からすると画面が小さく見にくいと思います。

画面が小さいという事は表示する情報も少なくなるので、ニュースやツイッターなど一目で取得できる情報に限りがあります。

さらに最近のアプリやwebサイトは6インチ以上に最適化されたものが多いので、使いにくさを感じる事もあるかもしれません。

動画視聴は画面が小さいですし、電子書籍は見るのも結構大変かもしれませんね。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

メディア用にiPadやタブレットがあれば別にiPhoneは大画面じゃなくてOKですが

FaceID非対応

iPhoneSE2はFACEIDには非対応

おサイフケータイなどには対応していますが、FaceID非対応のためロック解除や決済は指紋認証だけになります。

おそらく顔認証を使い慣れた人には少し面倒に感じるかもしれませんね。指紋認証は指で触るだけですが一手間には感じると思います。

デザインは流石に一昔前と感じずにはいられない

基本的にはiPhone6〜8世代と同様なので流石に古さを感じるかなと個人的には思います。

Android端末ならもうベゼルレス(枠なし液晶)は標準になってますし、iPhoneもXからはホームボタンなしでスタイリッシュな見た目になっています。

見た目は気にせず機能的な用途を満たす分には問題ないと思いますが、もうちょっと最近っぽいiPhoneが欲しいなら他の機種を検討しましょう。

中古iPhoneSE 第2世代はこんな人に向いている

  • とにかく格安で最新iOS対応のiPhoneを使いたい
  • 画面が小さくても問題なし
  • 見た目が一昔前でも全く気にしない

中古では2万円台から買える格安機種ではありますが、機能は決して低いわけではないです。
先ほども書きましたがA13チップなので普段使いや多少のゲームには十分対応します。

普段どんな使い方をするかによりますが、画面が小さいのでスマホで電子書籍を読んだり、コミックアプリを頻繁に見たりしなければ全然ありだと思います。

iOSアップデートにもまだまだ対応しそうですし、とにかく安く長く使えるiPhoneを探しているのであればiPhone SE2が一番おすすめです。

中古相場も日々代わりますのでこまめにチェックしてみてください。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

iPhone8を推すサイトもあるけどiOS更新切れるし5年前の機種なのでバッテリーもかなりやばいと思うので僕は非推奨です。

価格・性能・のバランスの取れた機種が欲しいならiPhone 11シリーズ

iPhone11ProiPhone11
発売日2019年9月24日2019年9月24日
SoCA13A13
メモリ4GB4GB
画面サイズ5.8インチ6.1インチ
生体認証FaceIDFaceID
防水防塵対応対応
カメラ3眼 カメラ2眼カメラ
おサイフ
ケータイ
対応対応
5G 対応非対応 非対応
発売時
価格
64GB:115,344円
256GB:132,624円
512GB:156,384円


64GB:74,800円
256GB:79,800円
512GB:90,800円



中古でiPhone11シリーズを選ぶメリットは?

5Gに対応していない以外は現行iPhoneと機能はほぼ一緒

11Proはカメラ機能も現行iPhone並みの画質

中古相場は3万円台〜5万円ほどで手にしやすい

5Gに対応ていない以外は現行iPhoneと機能面ではほぼ同じ

iPhone11Pro

iPhone 11に関して、防水・防塵、カメラ機能など大枠の機能では現行のiPhoneと大きな違いはありません。一番の違いは5Gに対応していない事とチップが13Aだという事です。

もし最新のiPhoneじゃなくても良い、5Gに必要性を感じないのであればiPhone 11は手頃な価格で買える良い選択肢だと思います。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

僕は楽天モバイルを基本4Gで使ってますが5Gが入らなくても何の不便もないです。速度も十分ですね。

よりカメラ機能が良いモデルが欲しいなら11よりも11Proをおすすめします。

iPhone11Proは現行iPhoneに引けを取らないカメラ性能

iPhone11Proは3眼カメラ

iPhone11Proに関しては現行のiPhoneと同じとは流石にいきませんが、引けを取らず綺麗に写真を撮影できるカメラです。

iPhone11Proのカメラに関しては1200万画素のカメラが搭載されており、さらに…

  • 広角:F値1.8
  • 超広角:F値2.8
  • 望遠:F値2.0

超広角、望遠のカメラを搭載、その他背景ボケを演出するポートレート、タイムプラス動画などに対応しており十分な性能です。ナイトモードで夜間の写真も非常に綺麗です。

以下は実際のiPhone11Proで撮影した画像のツイート、参考までに。

iPhone11シリーズの中古相場は3万円〜5万円と手頃な価格

機能もカメラもそこそこ良くて見た目も最近のiPhoneっぽい11シリーズですが、中古価格もiPhone11なら3万円台、Proでも4万円台と比較的手にしやすい価格です。

中古市場の在庫も潤沢で状態も様々なので自分に合った1台を見つけられそうですね。

中古で買うiPhone11のデメリットは?

  • 経年によるバッテリーの劣化が気になる
  • 新古品や未使用品レベルはほぼ無い

発売から4年が経つので中古品のバッテリーも消耗している可能性あり

中古スマホなのでバッテリーの劣化は必然と言えます。iPhone 11に関しては2019年発売になるのでどうしてもバッテリーの劣化はあるものと思われます。

実際に買ってみてバッテリーの減りが速すぎたりするとかなり凹みますので、購入の際にはバッテリーの消耗具合などを事前にチェックしてみる、聞いてみると良いと思います。

新品や未使用品レベルの商品はほぼ無い

発売からそれなりに経過しているので、新古品などの状態の良い商品はあまり見つからないと思います。ある程度は自分で選ぶ形になります。

フリマアプリやオークションなどでしっかり状態を確認、質問などをした方がいいでしょう。

中古専門ショップだとA〜Cのランクで本体を検品、評価してるので中古をあまり買った事がない人はそちらの方が安心して購入できます。

中古 iPhone11、11Proが向いてるのはこんな人

  • モバイル通信は5Gじゃなくて問題ない
  • 見た目も機能も最近のiPhoneに近いモデルが欲しい
  • カメラ機能はしっかりしたiPhoneが欲しい(11Pro)

おサイフケータイや防塵防水、FaceIDなど最近のiPhone同等の機能は備わっていて、iPhone11なら3万円台から、Proなら4万円台からと手にしやすい価格が魅力的です。

問題は自分の状態に合った気に入った端末が見つけられるかどうかですね、中古の在庫数は多いものの、発売から数年経ってますので状態の良い端末を見つけたいところ。

5Gに対応した端末が欲しいならiPhone 12シリーズ

iPhone 12miniiPhone12iPhone 12Pro
発売日2020年9月24日2020年9月24日
SoCA14A14A14
メモリ4GB4GB4GB
画面サイズ5.3インチ6.1インチ6.1インチ
生体認証FaceIDFaceIDFaceID
防水防塵対応対応対応
カメラ2眼 カメラ2眼カメラ3眼カメラ
おサイフ
ケータイ
対応対応対応
5G 対応対応対応対応
発売時
価格
64GB:115,344円
256GB:132,624円
512GB:156,384円


64GB:74,800円
256GB:79,800円
512GB:90,800円



中古でiPhone 12シリーズを選ぶメリットは

  • 5G に対応で高速通信が可能
  • 発売は2020年と比較的新しくバッテリーの消耗が少ない端末も多い
  • 2023年、現在でも全く問題なく使えるA14チップ搭載
  • ひとまわり小さいminiモデルがある。種類が豊富

iPhoneで初めて5Gに対応したモデル

iPhoneで5G対応はiPhone12から

5G対応モデルが欲しい人は必ずiPhone12以降のモデルを選択する事になります。

とくに通信速度にこだわりがある人はiPhone12以降がおすすめです。

iPhone12は5Gのミリ波、Sub6、2つの電波を受信し、近距離の超高速通信にも対応します。

大まかに説明するとミリ波は超高速通信が可能、その代わり障害物に弱くエリアも狭いです。

Sub6は今の4Gのように遠くに飛んで障害物の影響も少ない代わり、通信速度はミリ波に比べて遅めです。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

5G対応を謳っているスマホでもミリ波には対応していない端末も結構あります。

iPhone12は先ほど言ったように、どちらにも対応しているのでエリア内では超高速での通信も可能になっています。

2020年後半の発売なのでバッテリーの劣化が少なめ

2020年後半の発売なのでそこまで発売から時間が経過しておらず、バッテリーの劣化も進んでないスマホがたくさんあります。

実際に僕が使っているiPhone12Proも発売まもなく購入、おそらく普通の人よりおハードに使ってますが、バッテリーライフはまだ85%と全然使えます。

まだまだ使えるiPhoneなのは間違いないですね。もちろんiOSのアップデートもまだまだ対象になります。

A14は今後も十分使える高性能チップ

A14に関してはまだまだ数年後も現役で使える高性能なチップです。

僕自身iPhone12Proを、SNS、ゲーム、画像編集、動画視聴、電子書籍、結構ハードな使い方をしていますが、使っていてメモリ不足によるカクつき、アプリが落ちたりなんて事は全くないです。

まだまだ現役で使えると確信していますし、使える限りは何年も使う予定です。

iPhone12に関してはmini含め多数のシリーズがある

左からiPhone12mini 12(無印)Pro、ProMax

6.1インチの通常サイズの12、12Proの他、ひとまわり小さいminiシリーズ、ひとまわり大きいProMAXがあり12シリーズはバリエーションがあって自分に合ったiPhoneが見つけやすいです。

特に5G対応の普通のiPhoneが欲しければ12(無印)カメラ機能が必要なら12Pro、ひとまわり小さいサイズが欲しいならmini、大きくてカメラ性能が欲しいならProMAX。

全て5Gに対応しているので自分の用途にあったiPhoneを12シリーズの中から探すのもありです。

ぷらんちゃ
ぷらんちゃ

中古iPhoneとしてのデメリットはほとんど見当たらないです。強いて言えば少し価格が高い事かなと思います。

中古でiPhone12がおすすめなのはこんな人

  • 5G対応のiPhoneが欲しい
  • スペック・機能・など現在も問題なく利用できるiPhoneが欲しい
  • 少し値段が高くてもこれからも長く使えるiPhoneが欲しい

もし予算に少しの余裕があるなら中古iPhoneで一番のおすすめはiPhone12になります。

実際に自分が今も使っていてとても快適に使えている事、性能、スペックなど現行iPhoneとさほど遜色がない事などが挙げられます。

無印、mini、Pro、ProMAXから選べるので自分に合ったモデルを検討してみてください。


中古市場では人気でまだ価格も少し高いでのがネックですが、それでも現行のiPhoneを買うよりは随分安く買えますので。

中古iPhoneは結局どこで買えば良いのか??

イオシスは常時9000台以上のiPhone在庫から選べる

それで中古iPhoneをどこで買うべきか?ですが購入先はいろいろあります。

中古ショップ、オークションなど…このブログではずっと言ってますが、中古iPhoneに関しては専門のネットショップで購入する事をおすすめしています。

ネットショップはフリマアプリと違い個人売買のリスクが無く出品者との面倒なやり取りもありません。個人間の売買には様々なリスクがありますよね。

じゃあ中古専門店はどこが良いのか…。このブログではイオシス公式 ""” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>イオシスという秋葉原や大阪日本橋に実際に店舗を構えるショップを推してます。

イオシスを利用するメリットは以下の通り↓

  • 赤ロム永久保証がついている
  • 中古なのに最大6ヶ月の保証付き
  • iPhoneの在庫が常時9000台以上
  • Amazonのアカウントがあれば登録無しで買える

メリットはいろいろあるんですが、一番は赤ロム保証が永久についてくる事

赤ロムは簡単にいうと前のiPhone所有者がスマホ分割分の支払いが滞り(もしくは買ったスマホが盗難品だったり)スマホの通信機能が止めれてしまう事です。

つまり中古で買ったスマホがある日急に使えなくなります。

ごく稀にですが中古スマホでもこうしたリスクがあるんですよね。まずこの赤ロムの心配がない事で安心して購入できます。

あとは中古なのに保証が最大で6ヶ月ついてくるのもありがたいです。

中古品ですけど不良品に怯えなくていいのはかなり安心できるポイントです。

この辺はオークションや個人売買には無いメリットだと思いますよ。

Amazonアカウントがあれば簡単に買い物できるのもうれしいですね。iPhone13や14など現行のiPhoneも中古で取り揃えています。

まとめ

  • iOS最新アップデート対応機種を買う
  • Felica対応の機種を買う
  • iPhone8以前はやめておく

以上、この記事が中古iPhone探しの参考になれば幸いです。

数年前よりもiphoneの中古市場はさらに盛り上がってますね。高額化するiphoneを中古で探す人ももっと多くなるでしょう。

中古iPhone市場は今後も確実に盛り上がっていくと思います。

最新機種じゃなくていいのなら中古も視野に入れてiphoneの購入を検討してみてはどうでしょうか?

それではまた!

この記事を書いた人
ガジェットメテオ管理人

ガジェット好き/Apple製品多め/ブロガー/アラフォー/

気になるガジェット・スマホタブレットをサラリーマンの視点でレビューします。

海外ガジェットサイトの翻訳やモバイル回線などの記事も書いてます。

ぷらんちゃをフォローする
iphone未分類
ガジェットメテオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました