MENU

モトローラedge 50 ultraが海外で発表!Snapdragon 8s Gen3搭載のハイエンドスマホ!スペックや価格など

モトローラのハイスペックスマホ「motorola edge 50 ultra」のグローバル販売が発表されています。

Snapdragon 8s Gen3を搭載し、144Hzディスプレイ125W充電など注目のスペックが満載。

今のところ日本国内での販売予定はありませんが、気になるスペックや特徴を詳しく見ていきましょう。

ぷらんちゃ

ぷらんちゃ(gajet_meteor)です。海外ガジェットニュース、製品レビュー、回線系の記事を書いてます

この記事でわかる事

  • motorola edge 50 ultraのスペック
  • 特徴や機能
  • デザイン面での工夫

日本国内ではedge 40neoが最近発売されています。デザインが洗練されていて手頃な価格のミドルレンジスマホですね。↓

目次

motorola edge 50 ultraのスペック

項目 内容
SoC Snapdragon 8s Gen3
RAM 16GB LPDDR5X
ストレージ 1TB UFS4.0
ディスプレイ 6.7インチ 144Hz AMOLED 2712×1220
リアカメラ 50MP(標準 F1.4)+50MP(広角)+64MP(望遠)
フロントカメラ 50MP
バッテリー 4500mAh
充電 125W有線 / 50Wワイヤレス
その他 IP68防水防塵、ステレオスピーカー、画面内指紋認証
サイズ 72.38 x 161.09 x 8.59 mm
重量 197g

スペック表の中で特に注目したいポイントはこちら。

  • 最新のSnapdragon 8s Gen3
  • 144Hz AMOLEDディスプレイ
  • 50MPトリプルカメラ&マイクロビジョンカメラ
  • 125W急速充電
  • IP68の高い防水防塵性能
ぷらんちゃ

それぞれ見ていきましょう

Snapdragon 8s Gen3搭載

Snapdragon 8s Gen3

motorola edge 50 ultraに搭載されるのはSnapdragon 8s Gen3チップセット。

これは1世代前のハイエンドSoC、Snapdragon 8 Gen2と同等の性能を発揮するハイエンドSoCです。

5nmプロセスで製造され、AI性能も飛躍的に向上。ゲームや写真加工など重い処理もサクサク動かせるでしょう。

RAMも最大16GBあるので、アプリの切り替えもストレスなし。スペック的にはSnapdragon 8 Gen3よりは一段劣るものの、コスパを考えるとむしろこちらで十分かもしれません。

144Hz AMOLEDで滑らかな映像体験

edge 50 ultraのもう一つの魅力が、6.7インチのエッジAMOLEDディスプレイ。

解像度は2712×1220とかなり高精細ですが、リフレッシュレートも144Hzとゲーミングスマホ並み。

スクロールや動画の滑らかさは目を見張るものがありそうです。また最大2500nitsの高輝度を誇り、日光下でも見やすいのは嬉しいポイント。

色再現性の高さもPantone認証済みで保証されたものです。エッジ部分の映り込みが気になる人もいるかもしれませんが、没入感は抜群ですよ。

高画質なトリプルカメラを搭載

メインの50MP広角カメラはF1.6の明るいレンズを採用し、1/1.3インチの大型センサーも搭載。

暗所撮影や被写界深度のコントロールに威力を発揮してくれるはずです。

超広角は122°の画角で迫力の風景撮影が可能。望遠カメラは光学3倍・最大100倍ズームができるので、遠くの被写体もバッチリ捉えられますね。

あらゆるシーンに対応できる抜けの無いスペックとなっています。

モトローラならではのデザインに注目

カラーバリエーションはForest Grey、Nordic Wood、Peach Fuzzの3色。GreyとFuzzはヴィーガンレザー仕上げで、高級感と柔らかな手触りが魅力です。

一方のNordic Woodは、文字通り木目調のデザイン。

スマホにしては珍しいカラーで、個性を主張したい人にピッタリかもしれません。

わずか数分で1日使えるモンスター充電

バッテリー容量は4500mAhとやや物足りない印象ですが、125Wの超高速充電でカバー

わずか数分の充電で1日中使えるとアピールしており、おそらく20分程度でフル充電できるのではないでしょうか。

50Wの高速ワイヤレス充電にも対応しているのもポイント。USBケーブルを挿すのが面倒な人でも、サッと置くだけで充電できるのは魅力的です。

記事のまとめ。

  • 最新Snapdragon 8s Gen3
  • が滑らかな映像体験を提供
  • 50MPの高画質トリプルカメラ
  • 125Wの超高速充電

motorola edge 50 ultraは、高いスペックを備えたスマホといえます。

ただ999ユーロ(16.4万)という価格は、同じチップを搭載する中国機種と比べるとやや割高感は否めないかなと言った所です。

とはいえ、モトローラのきめ細かいソフトウェア最適化と、IP68防水やワイヤレス充電のような使い勝手の良さは、国内販売も期待したくなる所です。(もう少し安ければさらに…)

モトローラのファンならば満足できる1台だと思いますが、コスパ最優先の人は様子見してもいいかもしれませんね。

ぷらんちゃ

最後まで読んで頂きありがとうございます。記事の更新はX(gajet_meteor)でお知らせしていますのでこちらフォローお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はしがない中間管理職。趣味のガジェットブログを2014年から運営しています。海外ガジェットニュース、Apple製品、製品レビューなどを定期的に更新中です。海外ガジェットサイトの翻訳やモバイル回線などの記事も書いてます。

レビュー依頼はメールかXからお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次